遺品整理中に不発弾

あすかるスタッフの林田です。

親の遺品整理をしていたら不発弾を発見して通報した、という記事が出ていました。あすかるで遺品整理の作業をしているなか色々と変わった品物は出てきますが、不発弾はまだお見掛けしていないです(ちなみに弊社では危険物・引火物はお引き受けしておりません)。恐ろしいですね。爆発の危険があるので見つけた場合は触らずにすぐに警察に通報してほしいとのことです。

爆弾は難しいですが、遺品整理や生活整理では長年そのままに置きっぱなしになっていてどう扱ったらよいか分からない物についてもお気軽にご相談いただければと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生活整理・生前整理・遺品整理・ゴミ屋敷の片付け・施設入居に伴う住み替えでお悩みやお困り事はありませんか
ご相談は業界20年間で23000件以上の実績
暮しの整理整頓サービス あすかる
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪市東住吉区にて生活整理の作業を行いました。

あすかるスタッフの林田です。

先日は大阪市東住吉区にて生活整理の作業をさせていただきました。

地域のケアマネジャー様からのご連絡で、アパートにお住まいの高齢の女性の方のお部屋の片付け・不用品処理でした。

古新聞や古雑誌、その他段ボールに入った物で室内がかなり手狭になっており、最近は足腰も少し弱ってこられたのか、室内も移動がしにくく転倒してしまうこともあるようです。家の掃除もしにくいようで部屋の隅はほこりがたまっています。ヘルパーの利用を始めようとケアマネジャーさんと決められたのですが、こう室内に物が多いとヘルパーさんも掃除や家事ができない状態です。ヘルパー制度では日常の掃除や家事はできますが、日常的な家事の範囲を越える大掃除のような整理や片付けはできないのですね。そこで今回、弊社のほうでヘルパー導入前の片付けをご依頼いただきました。

スタッフ3名、午前中までに室内の不用品搬出と簡易な清掃を完了させていただきました。多かった古新聞、古雑誌、段ボール類は古紙リサイクル対応とさせていただきましたので、費用もおさえることができました。

お客様も始めは散らかった部屋に他人が入ることに申し訳なさそうにされていましたが、処分か残すものかお聞きしながら作業したことで安心されたようで、部屋がスッキリしたあとでは「こんなに部屋広かったんやね」と笑顔も見せていただけました。ケアマネジャー様からもヘルパー導入の目途がついたと喜んでいただけました。

お役に立てたようで弊社スタッフも喜んでいます。

これから先いつまでもお元気に暮らされることをお祈りしております。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生活整理・生前整理・遺品整理・ゴミ屋敷の片付け・施設入居に伴う住み替えでお悩みやお困り事はありませんか
ご相談は業界20年間で23000件以上の実績
暮しの整理整頓サービス あすかる
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東成区にて遺品整理作業を行いました。

こんにちは、あすかるスタッフの林田です。

先日は東成区にて遺品整理作業を行いました。

弟様からのご依頼でしたが、お兄様が生前趣味でギターをされていた方だったようで、エレキギターやアコースティックギターも数本ずつ、アンプなど周辺機器も多く残されていました。弟様ともお話して、使えるものは必要とする人に使ってもらえるようにとのことで、処分ではなく買取対応をさせていただきました。弊社でやりとりのある信頼できる楽器店に査定を依頼し、買取金額はお客様にお渡しさせていただきました。ギターコレクションが無駄にならず、お客様には大変喜んでいただけました。

全てゴミとして処分するのではなく、できる限りリサイクルや買取対応をおこなっていますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生活整理・生前整理・遺品整理・ゴミ屋敷の片付け・施設入居に伴う住み替えでお悩みやお困り事はありませんか
ご相談は業界20年間で23000件以上の実績
暮しの整理整頓サービス あすかる
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ミニマリスト

あすかるスタッフの林田です。

「ミニマリスト」という言葉をご存知でしょうか?できるだけモノを減らして、必要最小限の物だけで生活する人のことを言うそうです。そのことでかえって豊かな生活を送れるという考えです。もう少し詳しく言うと、何となく「安いから」買ったけど使ってないとか、ストレス発散で衝動買いしたとか、使わない(着ない)けど捨てるのはもったいないしと置いておくとか、そうやって物が増えて部屋が片付かず、どこに何を仕舞ったか分からなくて時間をかけて探しものをしたり、在庫があるのに同じものを買ってしまっていたりといったことが減る。経済的にも時間的にも、あとは精神的にもゆとりが出る。そういった考えだと思います。数年前にブームになった「断捨離」ともつながっているように思いますが、ミニマリストは海外でも広がっているライフスタイルのようですね。いまや世界的な人気の「こんまり」こと近藤麻理恵さんの片付け術でも自分にとって「ときめく」物を身の回りに置く暮らしを提唱されてますね。現代社会の大量生産大量消費のライフスタイル、そこからくる環境破壊など、そういったことへの反対・反省・疑問という意味も、生活の実感・肌感覚として、出てきているんじゃないかなと思います。何が豊かな暮らしなのか、考えさせられますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生活整理・生前整理・遺品整理・ゴミ屋敷の片付け・施設入居に伴う住み替えでお悩みやお困り事はありませんか
ご相談は業界20年間で23000件以上の実績
暮しの整理整頓サービス あすかる
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「いるもの」の仕分け方

あすかるスタッフの林田です。

平成から令和に代わり、新しい時代が始まりましたね。皆様にとって平和なよい時代になりますようお祈りいたします。

ゴールデンウィークも残りわずかですね。帰省されている方、お出かけされる方、どこも人が多くて大変だと思いますが(笑)、お戻りの道中もお気をつけてご安全に。

さてゴールデンウィークこそお片付け・家の中の整理をおすすめしてきましたが。まず仕分けが大切というお話でしたが、今回も仕分けのコツをお伝えします。

前回「いるもの」「いらないもの」「いったん保留するもの」に分けるというお話をしましたが、「いるもの」をうまく仕分けて収納することで、ぐんと片付けやすく、散らかりにくい、使い勝手のよいおうちになります。

お片付けは家の中のエリアごとに小さく分けて行います。今日はキッチン流し台の棚の中、今日は食器棚の引き出しの中、という風に部分的に行っていくとよいです。一気に家の中全部やろうとすると疲れてしまいますので。

そして今日やると決めたスペースの中の物をまず一回出して並べます。そこから仕分けが始まりますが、「いるもの」を分けていく際に、同じ種類・ジャンルの物ごとに分けていくとよいですね。食器棚の引き出しなら、お箸、スプーン大、スプーン小、フォーク、という風。雑然としがちな棚の中の小物も、レター関係(筆記具、のり、はさみ等)衛生用品(爪切り、耳かき、綿棒、医薬品、絆創膏など)という風に分けます。それを必要な数、セットだけ残せば、ずいぶんスッキリすると思います。

そして種類ごとに分けられた物を今度は収納していくわけですが、収納場所は物の使用頻度で決めると使いやすいです。日常的に使う、月に何度か使う、季節に一度使うかどうか…など。よく使うものは取り出しやすい位置(手前)に収納します。

収納する場所、定位置(モノの住所)が決まっていれば、使った後に出しっぱなしになりにくく、「どこに仕舞ったかな?」とガサゴソ探すことが減ると思います。収納ボックスの中身に何が入っているか名札シールに書いて貼ってもいいですね。

ゴールデンウィークまだお休みで時間のある方は試してみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生活整理・生前整理・遺品整理・ゴミ屋敷の片付け・施設入居に伴う住み替えでお悩みやお困り事はありませんか
ご相談は業界20年間で23000件以上の実績
暮しの整理整頓サービス あすかる
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゴールデンウィークには家の片付け・整理を

あすかるスタッフの林田です。

ゴールデンウィークですね。皆さま連休はどうお過ごしの予定でしょうか。旅行や行楽に行かれる方も多いのではないでしょうか。ただ、渋滞や混雑が参りますね。テーマパークに出かけたのに渋滞で着いたら夕方だったなんて話も聞きました(笑)。こんな時期はじつは家の片付け・整理をするのがいいかもしれません!年末より気候的にも過ごしやすいですしね。

そこでお片付けのポイントですが、限られた収納スペースを有効に、快適に使うためにも、まずは要らない物を減らすことが重要になりますが、そのためにも「仕分け」が必要ですね。前回は思い出のモノは写真に撮って残すというお話でした。要る物、要らない物を分けることですが、これがなかなか難しいですよね。判断に迷って結局あまり減らせなかったり、かえって収納の奥から引っ張り出して余計に散らかってしまったり、そうなると疲れ切って片付けがどんどん億劫になってしまうなんてことにもなりかねません。

そこで仕分けのテクニックとして「いるもの」「いらないもの」の他に、「保留」の箱を用意するわざがあります。要るか要らないか迷ったものはこの保留箱(段ボールなど何でもいいです)に入れて、半年後または1年後までに1回も使うことがなかったら処分するとルール(期限)を決めるというものです。箱に仕分けた日と期限の日を書いておくといいですね。

では皆さま大型連休を有意義にお過ごしください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生活整理・生前整理・遺品整理・ゴミ屋敷の片付け・施設入居に伴う住み替えでお悩みやお困り事はありませんか
ご相談は業界20年間で23000件以上の実績
暮しの整理整頓サービス あすかる
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

思い出の品をどう整理するか。

●思い出の品をどう整理するか。

こんにちは あすかるスタッフの林田です。

さてお家の片付けをしようとは思っても、つい手が止まってしまうのが、思い出の品を捨てるか、捨てないかといった問題ではないでしょうか。

子ども時代のおもちゃ、人形、幼稚園や小学校での図画工作、旅行先で買った品々、服や鞄、靴、雑誌の取り置きなど。もう使わないだろうとは思っても、思い入れがあるだけになかなか捨てにくいものですよね。

その点は贈答品のタオル類やせっけん・洗剤、小物類、キッチン用品などの方が思い切って処分しやすいかもしれません(もったいない、まだ使えるという気持ちはありますが)。

しかし思い出の品とはいえ、ずっと置いていては収納を占領し(なんなら収納からはみ出して居住スペースを侵入しているかもしれません)部屋の中がすっきりしません。なんとなく気持ちもモヤモヤ淀みます。

片付けにはどこかで手放すという線引きが必要になりますが、そこで方法の一つとして、思い出は写真に撮って残すという方法があります。物そのものを保管するのではなくて、写真に収めたのちに、実物は処分するのです。

本や雑誌、漫画もいまは紙媒体ではなく電子書籍が普及してきましたが、モノではなくデータで残してしまうというワザです。

試してみるのもいいかもしれませんね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生活整理・生前整理・遺品整理・ゴミ屋敷の片付け・施設入居に伴う住み替えでお悩みやお困り事はありませんか
ご相談は業界20年間で23000件以上の実績
暮しの整理整頓サービス あすかる
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

要らない物はリサイクル・寄付・買取りの対応をしています。

あすかるスタッフの林田です。

私たちあすかるは遺品整理や生前整理、生活整理、お家の中のモノのお片付けをお手伝いさせていただいていますが、そうした作業でまず最初にしなければならないことは要るモノ・要らないモノの仕分け作業になります。これはあらかじめお客様で大方決められている方もありますし、こちらで一緒に聞きながら仕分けていく場合もあります。

さらに要らないモノの中でも、使えないモノは処分になりますが、他の目的に利用できるものはリサイクル・寄付へ回すことができます。金属や古紙類などはリサイクルできますし、衣類は寄付できます。また、年式の新しい家電製品や価値のあるものは買取対応も行っています。弊社は古物商許可登録をしておりますので、一般の方は参加できない古物商業者間の市場へ出品し、各品目の専門業者による適正価格での売却が可能です。置物や壺、絵画、茶道具など骨とう品、着物、年式の新しい家具、楽器などなど。

またパソコンや電子機器(携帯電話など)のリサイクル(レアメタルリサイクル)は障がい者就労支援施設と連携して行っています。機器内の個人情報も漏洩することがないよう物理的に解体処理(データ消去)し、解体証明書の発行もしていますので安心いただけます。

冷蔵庫や洗濯機・衣類乾燥機・テレビ・エアコンは家電リサイクル法に則って家電リサイクルを行っています。

できるだけごみを減らして、使えるものは必要なところへ回っていくようにしたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生活整理・生前整理・遺品整理・ゴミ屋敷の片付け・施設入居に伴う住み替えでお悩みやお困り事はありませんか
ご相談は業界20年間で23000件以上の実績
暮しの整理整頓サービス あすかる
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

会社・法人 事務所・倉庫の整理や不用品処理。機密文書処理もお任せください。

こんにちは、あすかるスタッフの林田です。

平成も残すところあと2週間を切りました。GWはいつも以上の大型連休、10連休になる方も多いのでしょうか。あまり嬉しくないという人もいるようですが、確かにあまり長いと仕事が溜まったり、休みボケで休み明けの社会復帰が難しそうですよね。会社関係では新元号、令和への切り替えで忙しい方も多いと思います。

会社関係といえば、事務所の移転に伴う不用品処理や倉庫の整理など、企業・法人様からのご依頼も多くいただいています。今年は改元を機に法人も個人でも整理をされる方が増えるかもしれませんね。

大型の事務所備品、収納やデスクも処理いたします。会社内の機密情報や個人情報の記載された書類関係の処理についても、適切に機密文書処理(裁断処理)を行っていますので、その点もご安心してご相談いただければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生活整理・生前整理・遺品整理・ゴミ屋敷の片付け・施設入居に伴う住み替えでお悩みやお困り事はありませんか
ご相談は業界20年間で23000件以上の実績
暮しの整理整頓サービス あすかる
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西淀川区にて一軒家全体のご遺品整理作業を行いました。

あすかるスタッフの林田です。

年度末、明日から新年度ですね。お勤めの方はお忙しくされているのではないでしょうか。1カ月後には天皇陛下退位と皇太子さま即位で元号も変わりますし、イチローも引退と、本当に平成も終わって時代が変わっていくんだなあという感じがしますね。よい時代になればいいですね。

さて先日は西淀川区にて一軒家全体のご遺品整理作業をさせていただきました。処分が必要な物は2トントラック二台分、スタッフは5名で作業させていただきました。古新聞や古雑誌も大量(約2トン)にありましたが、こちらは古紙リサイクルが可能ですので処分代は無料でさせていただいています。このようなモノの多いおうち全体のお片付けも承っておりますので、空き家になっているご実家の片付けや高齢者施設やマンションへの住み替えなどご検討の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生活整理・生前整理・遺品整理・ゴミ屋敷の片付け・施設入居に伴う住み替えでお悩みやお困り事はありませんか
ご相談は業界20年間で23000件以上の実績
暮しの整理整頓サービス あすかる
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━